オーロラ・よくある質問

(C)Xu - Guest image
(C)Xu - Guest image
(C)Ørjan Bertelsen
(C)Ørjan Bertelsen

Q いつがオーロラ観測にはよいのでしょうか?

Q 満月だとオーロラは見えないんでしょうか?

Q オーロラ当たり年でないとオーロラは見えないんでしょうか?

Q オーロラ観測に何を着て行けばよいですか?

 

Qいつがオーロラ観測にはよいのでしょうか?

A:9月中旬~4月上旬であればそれほど大きな差はございません。

オーロラを観測するのには、何といってもお天気次第です。

晴れていればオーロラは見えますし、曇っていればオーロラは見れません。

(オーロラの現象があっても、目で見ることは出来ません)

ノルウェーの西海岸は海洋性の気候のため、天気が変わりやすいのです。

9月~10月や3月は秋/春のため海は比較的安定しやすいのですが、

オーロラが出現する暗い夜の時間は短くなります。(9-10月は降水確率は高くなります)

11-2月は冬の嵐もありえますが、極夜のためオーロラ観測時間は長いのです。

寒いのはいやだなあという方は9-10月、極夜を経験してみたい方は11-2月、

日中の風景もオーロラも!という方は3月とご希望に合わせて選ばれてはいかがでしょう?

 

Q 満月だとオーロラは見えないんでしょうか?

A 満月でもオーロラ観測は可能です。

オーロラの光が極端に弱い場合は、満月の光で見づらい事もあります。

ある程度の強さ以上のオーロラであれば、それほど気にする必要はありません。

月明かりが照らす水面とフィヨルド、オーロラの景色が揃った時は、本当に神秘的です!

写真家の中には、満月の光が照らしだす風景とオーロラのコントラストを写すためにあえて満月の時を選んで出かけられる方もいらっしゃいます。

 

Q オーロラ当たり年でないとオーロラは見えないんでしょうか?

A:太陽がある限り、オーロラ遭遇のチャンスはあります。

太陽活動はおよそ11年の周期で、極大期・極小期があります。

2013年は太陽活動の極大期という事で”11年に1度のオーロラ当たり年!”と謳う旅行商品も多く見られました。普段よりもよりダイナミックなオーロラが何回か出現しましたが、オーロラ出現率はそれほど大きく変わらなかったようです。

その理由は、太陽活動が活発でも地上の晴天率が良くなる訳ではないので、結果、出現率(可視率)にはそれほど大きな影響を与えないという事です。

太陽活動が活発だからという理由で出現するオーロラは全体の10-20%。

残りの80-90%は太陽がある限り出現するのです。

実際、太陽活動極小期の2009年にもオーロラは出現していました。

オーロラに関してはまだ解明されていない事が多いそうです。

分からないからこそ、この神秘の現象に心ひかれるのかもしれません。

 

Qオーロラ観測には、何を着て行けばよいですか?

A: 日本のスキー場に行く感覚でご準備ください。

ノルウェーの西海岸は、暖流の影響で緯度の割には気温は暖かく、

-10℃を下る事はほとんどないので、極寒の地に行くような防寒着は必要ありません。

服装についてのアドヴァイスはこちらをご覧ください

トロムソの平均気温
1月
2月
3月
4月
9月
10月
11月
12月
-3.8
-3.1
-1.0
1.7
8.4
3.3
-1.0
-3.0