スヴァルバール諸島(スピッツベルゲン)で暮らす動物

極北の地には野生の動物が暮らしています。極地でしか見ることのできない動物に会いに行きましょう。

シロクマ
シロクマ

シロクマ

学名:Ursus maritimus

オスは体長約2.5m、体重約500kg、メスは体長約2m、体重約200kgにもなります。スヴァルバール諸島近辺には3,000頭が生息していると予測されています。海上を移動しているため、どこで見ることが出来るか特定することは難しいのですが、主に、ノールアウストラン北部、コングカールス・ランド、バレンツオイヤ、エドゲオイヤ、スピッツベルゲン島東部、ホルンスンなどで観測されています。

 

 

セイウチ
セイウチ

セイウチ

学名Odobenus rosmarus

オスは体長約3m、体重約800kg、メスは体長約2.5m、体重約500kgにもなり、長い牙があります。

スヴァルバール諸島近辺には2,000頭が生息していると予測されています。

主に、モフェン島、スピッツベルゲン島北部、ノールアウストラン、エドゲオイヤなどに数十頭のコロニーが観測されています。

 

スヴァルバール・トナカイ
スヴァルバール・トナカイ

スヴァルバール・トナカイ

学名:Rangifer tarandus platyrhynchus

オスは体長1.6m、体重65kg、メスは体長1.5m、体重50kgほどで、短い足が特徴です。

スヴァルバール諸島には100頭が生息していると予測されています。

主に、ロングヤービーエン近郊、スピッツベルゲン島北部、バレンツオイヤ、エドゲオイヤなどで観測されています。

ホッキョクギツネ
ホッキョクギツネ

ホッキョクギツネ

学名Alopex lagopus

体長60cm、体重2.5kg~5kgほどで、冬には白い毛で覆われます。

ほぼスヴァルバール諸島沿岸全域で観測されています。

アザラシ
アザラシ

アザラシ

スヴァルバール諸島にはズキンアザラシCystophora cristata、ゼニガタアザラシPhoca vitulina、ワモンアザラシPusa hispida、タテゴトアザラシPhoca groenlandica、ヒゲアザラシErignathus barbatusなどが生息しています。

主に流氷に乗っていることが多いですが、岸辺にいる事もあります。

ほぼスヴァルバール諸島沿岸全域で観測されています。

クジラ
クジラ

クジラ

スヴァルバール諸島には11種類のクジラが観測されています。(夏季)

シロイルカDelphinapterus leucas、ホッキョククジラBalaena mysticetus、ミンククジラBalaenoptera acutorostrata、イッカクMonodon monoceros、シャチOrcinus orcaなどが生息しています。

ほぼスヴァルバール諸島沿岸全域で観測されています。

パフィン
パフィン

海鳥

スヴァルバール諸島には130種類の海鳥が観測されています。(夏季)

ヒメウミスズメAlle alle、ゾウゲカモメPagophila eburnea、クビワカモメLarus sabini、ヒメクビワカモメRhodostethia rosea、ハジロウミナトCepphus grylle、ツノメドリFratercula arcticaなどが生息しています。

ほぼスヴァルバール諸島沿岸全域で観測されています。