スピッツベルゲン大周回スペシャル12日間

スピッツベルゲンの北西海岸から北緯80度を通過し、さらにノールアウトラウンの北の最果てを目指します。街や村がなく、文明から隔絶された荒々しい大自然が残されているスヴァルバール諸島の東部を巡る壮大な周遊クルーズ。

 手つかずの大自然、フィヨルドや氷河など北極圏ならではの絶景が広がります。

セイウチやシロクマに出会えるかもチャンス大!

無数の海鳥との出会いも期待できます。

スピッツベルゲン・クルーズの決定版!

オスロ⇔ロングヤービエン間のフライトも含まれています!



日程(2018:censpSpi1808-1809)


日数 12日間
 クルーズ

2018年07月16日~07月27日

2018年07月26日~08月06日



Day1

オスロ~ロングヤービーエン

空路、オスロからロングヤービエンへ。

ロングヤービーエン市内のホテルに宿泊。



Day2

ロングヤービーエン~バレンツブルグ

ロングヤービーエン出港。アイスフィヨルドを航行します。

ロシア炭鉱の町・バレンツブルグ到着後、フォークロアショーにご案内。



Day3

北西スピッツベルゲン国立公園

ノコギリの刃のような山々の間を巨大な氷河が流れ落ちる、最もスピッツベルゲンらしい風景が続くコングフィヨルドへ。



Day4

北西スピッツベルゲン国立公園~ニーオーレスン

鯨漁師がこのエリアで猟を行ったクロスフィヨルドを航行。

世界で最も北に位置する学術の街ニーオーレスン寄港。

世界最北の郵便局から手紙を出すことも出来ます。



Day5

北部スピッツベルゲン~ウッドフィヨルド

迫り来るような青く美しいモナコ氷河を間近に見学します。

地質学的にも珍しいデボニア紀の砂岩で出来ている赤い山々など、他の惑星にいるような錯覚に陥る絶景をご堪能下さい。



Day6

北東スピッツベルゲン自然保護区~ソーグフィヨルド

暖流の影響を受け比較的暖かい西海岸とはガラリと表情を変え、厳しくも美しいスピッツベルゲン東海岸・極北の海域を進みます。

数万羽もの海鳥の巣が聳える崖などを見学します。



Day7

北東スピッツベルゲン自然保護区~シューオイヤネ(7つの島々)

スピッツベルゲン島を離れさらに北の果てへ。7つの島々のひとつロッソイヤ島を目指します。アザラシやセイウチ、ホッキョクグマ(シロクマ)などの海洋哺乳類との出会いが待っているかもしれません。



Day8

南東スピッツベルゲン自然保護区~エドゲオイヤ

氷と氷河に覆われた東海岸の絶景が続きます。

アザラシやセイウチ、ホッキョクグマ(シロクマ)などの海洋哺乳類との出会いが待っているかもしれません。



Day9

南部スピッツベルゲン国立公園~ホルンスン

美しいフィヨルド、数万羽もの海鳥の巣が聳える崖など、”スピッツベルゲン・イン・ナットシェル”と表現されるホルンスンへ。



Day10

ベルスン

美しいフィヨルド、極北の植物が生息するベルスンへ。



Day11

アイスフィヨルド

アイスフィヨルドのアルケホルネットに上陸。スヴァルバール・トナカイや北極ギツネとの出会いも期待できます。 



Day12

ロングヤービーエン

ロングヤービーエン到着。

空路、オスロへ。



乗船代金(通貨単位:EUR):お問合せください。

キャビン
代金
Polar Inside
Polar Outside
Arctic superior
Expedition Suite
I
K
J/AJ
A
N/O
P
U
QJ
Q
MG
MX
TWN
最安
7,489
7,785
8,378
8,674
9,385
9,622
9,918
10,274
12,289
12,822
19,104
最高
8,617
8,970
9,676
10,028
10,875
11,157
11,510
11,933
14,332
14,967
22,445
SGL
最安
13,545
14,137
15,322
15,915
17,337
17,811
18,404
19,115
23,145
24,212
36,774
最高
15,802
16,507
17,918
18,624
20,317
20,881
21,587
22,433
27,231
28,501
43,457

#料金は変動性になります。

 空室状況により料金が変動し、記載の早割り代金は最低価格です。