ベルゲンからノールカップ、スピッツベルゲン探検12日間

北極圏の春の季節、欧州最北端のノールカップやスヴァルバール諸島では、いまだに大地が雪で覆われています。

それと同時に地平線から沈まない『真夜中の太陽』が白銀の大地を照らします。

 

北極では冬に成長した海氷限界がスヴァルバール諸島まで伸び、海氷限界を航行。

この時期だからこそ体験できる、北極の春を満喫してみませんか?100年以上前、探検家アムンセンやナンセンたちが活躍したルートを辿る探険の旅に出かけましょう。

 



日程(2018:CENSPSPI1801)

日数 12日間
クルーズ

2018年05月19日~05月30日



Day1

ベルゲン

ノルウェー西海岸・ソグネ・フィヨルド観光の玄関口ベルゲン出港。



Day2

ビグスタッド(ダルスフィヨルド)

美しい滝と山々の美しさで有名な産フィヨルド、ダルスフィヨルドの奥深くまでクルーズし牧歌的な村ビグスタッドを訪問。



Day3

グリップ島

ノルウェー西海岸・ソグネ・フィヨルド観光の玄関口ベルゲン出港。



Day4

トルグハッテン

ノルウェー西海岸・ソグネ・フィヨルド観光の玄関口ベルゲン出港。



Day5

トレーナ島

1,000もの島や岩礁で構成され、人口500人のトレーナ島を訪問。

天候がよければ、北緯66度33分、北極圏上にある島ヴィーキング島を訪問します。



Day6

ヘニングスヴァール(ロフォーテン諸島)

ノルウェー屈指の絶景が続くロフォーテン諸島。港町ヘニングスヴァールを訪れます。

『アルプスの頂上を海に浮かべたよう』と評される、両岸に山々が迫りくる狭いフィヨルドトロルフィヨルドをクルーズします。



Day7

ソマロイ

白砂のビーチと漁業で生計を立てている小さな島ソマロイを訪問。

ハイキング、カヤック、トロムソ観光などのエクスカーションをご用意しております。



Day8

ホニングスヴォーグ(ノールカップ)

欧州最北端・ノールカップへ。

ここから北極点の間には水平線がみえるのみです。



Day9

ビョルンオイヤ島

『クマの島』という意味をもつビョルンオイヤを訪れます。

ノルウェー気象庁の研究者9名だけが住むこの島を観光客を訪れることが出来る事はとても貴重な体険です。北半球最大の海鳥の生息地でもあります。



Day10

ホルンスン(スピッツベルゲン島)

ホッキョクグマを探して、スピッツベルゲン島を探検します。

この地域には3,000頭ものホッキョクグマが生息しています。

世界で最も生息数が多いエリアとも言われています。



Day11

ニーオーレスン~ロングヤービエン

コングフィヨルドを航行し、世界最北の科学研究の街ニーオーレスンへ。

巨大な氷河やフィヨルドの風景をお楽しみください。

南下し、アイスフィヨルドを目指します。



Day12

ロングヤービエン~オスロ

深夜、ロングヤービーエン到着。

早朝のフライトでオスロへ。



■乗船代金(通貨単位:EUR)

キャビン
代金
Polar Inside
Polar Outside
Arctic superior
Expedition Suite
B
I
K
J/AJ
A
N/O
P
U
QJ
Q
MG
MX
TWN
最安
3,186
3,334
3,483
3,780
3,929
4,285
4,404
4,553
4,731
5,742
6,010
9,161
最高
4,127
4,325
4,523
4,919
5,118
5,593
5,752
5,950
6,188
7,535
7,892
12,093
SGL
最安
5,303
5,563
5,823
6,344
6,604
7,228
7,436
7,696
8,008
11,122
11,657
17,959
最高
6,950
7,297
7,644
8,338
8,684
9,517
9,794
10,141
10,557
14,708
15,422
23,824

#料金は変動性になります。記載の最安価格は最低価格となり、空室状況により変動します。

*注:トロムソへ/オスロからの航空券は各自ご予約ください。