エキスペディション・チーム

極地クルーズにはエキスペディション・チームが同行します。

ペンギンや海鳥、アザラシの名前を覚えたり、探険の歴史を勉強したり、極地クルーズの毎日はわくわくドキドキ。エキスペディション・チームがいれば、極地での体験がより奥深いものになることでしょう。

Tomas Mauch
Tomas Mauch
Karsten Bidstrup
Karsten Bidstrup

豊富な極地経験をもつエキスペディション・チーム。

鳥類・哺乳類などの生物学者、探険の歴史を研究する歴史学者、地質学者など各方面の専門家であり、船内でのレクチャー、上陸時のご案内を致します。

極地の自然に精通し、極地の素晴らしさをお客様へ伝えるべく、熱い情熱に燃えるチームです。彼らと一緒に大自然を体験してみませんか?



お申込みに際してご一読ください。

お客様が安心して探検クルーズにご参加いただく為の趣旨にご理解いただき、

下記の通りご協力御願い申し上げます。

 

極地クルーズで訪れる地域には十分な医療設備がございません。

フラム号には、医師および看護士は同乗しますが、簡易な処置しか行うことが出来ません。

緊急搬送が必要な場合は、ヘリでの輸送となり、大変な高額になります。

フッティルーテン社では、緊急搬送に関わる諸費用に関しましては負担いたしません。

お客様自身にて、旅行傷害保険に加入されることを、強くお勧めしております。

(個人情報シートと合わせて、保険会社名、契約番号、

保険会社の緊急連絡先・電話番号をお知らせください)

 

万が一に備え個人情報シート、健康アンケートの提出が必要です。

 (名前、生年月日、住所、パスポート番号、緊急連絡先、特別な食事制限の有無)

その他、船内感染を防ぐため、感染症発生国(エボラ出血熱など)での滞在歴などの質問書の提出もお願いしております。

 

南極クルーズには、健全な身体の方が訪問可能であると決められています。

IAATO(国際南極旅行業協会)の規則により、

乗客の皆様は医師の診断書の提出が義務付けられております。

・医師の診断書は乗船日の3ヶ月以内に記入し、出発前にご提出下さい。

 また、診断書原本は乗船日に必ずお持ちいただき、船の医師に提出を御願いします。  

 診断書原本を持参されないお客様は、乗船をお断りさせて頂きますので予めご了下さい。

・定期的に服用されている薬がある場合、充分な量をご持参下さい。