ホーム > 

フッティルーテンとは

深く入り組んだフィヨルドの断崖、静かな海に点在する島々、ぽつんと佇む民家、ノルウェー西海岸には『世界で最も美しい航路』と謳われる風景が広がっています。

 

春:眩しい太陽の光と白銀、夏:燃えるような太陽ミッドナイトサン、  秋~冬:夜空を舞うオーロラなど、それぞれ季節を感じる事が出来るのも魅力的。

 フッティルーテンなら、オーロラの空の下、白銀を駆け抜けるスノーモービル、南極でペンギンの鳴き声で目覚めるテント泊、氷山を眺めながらのカヤック、犬ぞりなど、エキサイティングな体験が可能です。

 

『ここでしか出会えない絶景』を探しに、フッティルーテンで出かけてみませんか?


フッティルーテンはノルウェー生まれノルウェー育ち
Ørjan Bertelsen
Ørjan Bertelsen

ノルウェー北極圏・トロムソに本社を置く

ノルウェーの船会社です。

船籍:ノルウェー

1893年フィヨルドなどの地形的な影響により、孤立していたノルウェー北西部へ、

人と物資を運ぶために創業しました。

現在では、沿岸住民の生活のライフラインとして、観光客船として活躍中の定期船です。

『世界で最も美しい船旅』と称され、フィヨルドなど大自然の絶景をお楽しみ頂けます。


ようこそ!スタッフ一同、船上にてお待ちしております

乗組員はノルウェー沿岸部の地元出身が多く働いています。

フッティルーテン流ホスピタリティーで乗客の皆様をお迎えいたします。

ようこそ!フッティルーテンへ!

©Axel M.Mosler Dortmund
©Axel M.Mosler Dortmund
©Axel M.Mosler Dortmund
©Axel M.Mosler Dortmund


下記のプロダクトをご用意しております

©Trym Ivar Bergsmo
©Trym Ivar Bergsmo

ノルウェーの西海岸、南のベルゲンから北のキルケネスまで約2,400km、大小34の港に寄港しながら12日間かけて往復しています。(11艘の船で365日運航)

主要な港の他、住民や貨物が乗降するだけの小さな港にも寄港し沿岸住民の生活の足として欠かせない定期船。フィヨルドの絶景に恵まれた航路は『世界で最も美しい船旅』と謳われ、観光客船としても世界中からの人々の人気を集めています。



Tomas Mauch
Tomas Mauch

厳しい自然を航行する航海技術を生かし、極地探検クルーズを運航しております。

その探険旅行の歴史は古く、1896年にスピッツベルゲンへのクルーズがスタート。

南極(11-3月),アイスランド(5月),グリーンランド(6月),スピッツベルゲン(4-5,7-9月)、アイスランド(5月)、カナダ(5-7月)へ。

2018年には憧れの北西航路をクルーズ!

探検船で心躍る探険の旅へご案内致します。一生に一度、地球の驚きと出会いにでかけませんか?



FRILUFTSLIV   ~フリルフスリフ~   ノルウェー人のDNA
Nina Helland
Nina Helland

"自然に囲まれたありのままの暮らし"と日本語で訳される事が多い言葉です。

ノルウェー人が自分たちについて語る時に

かせないアイデンティティと言えるもの。

屋外で母なる大自然と心身を通し繋がり、自分自身が自然と一部だと感じる事を指します。キャンプファイヤーを囲んでコーヒーを飲みながら、夜空に輝く星を眺めている時、『これが人生だ!』と幸せに感じるのです。フッティルーテンで

フリルフスリフを感じに出かけましょう。



内なる探険心に灯をつけて。フッティルーテンで出かけましょう!